Sentence

返事を待つアリスに向けられたのは突然の咆哮。それは耳を貫かんばかりに鋭く、天に届かんばかりに大きく響くものでした。

返事(へんじ)()つアリスに()けられたのは突然(とつぜん)咆哮(ほうこう)。それは(みみ)(つらぬ)かんばかりに(するど)く、(てん)(とど)かんばかりに(おお)きく(ひび)くものでした。
What Alice, waiting for a reply, was faced with was a sudden howl. It was a resounding noise, sharp as to burst her ear drums, loud as to reach unto the heavens.
Sentence

美しいものについて考えるとき、私は見つめて感心すること以外には自分には何もすることがないということがわかったのだ。

(うつく)しいものについて(かんが)えるとき、(わたし)()つめて感心(かんしん)すること以外(いがい)には自分(じぶん)には(なに)もすることがないということがわかったのだ。
When I considered beautiful things I found that there was nothing for me to do but to gaze and admire.
Sentence

上司は私が提案した企画をいきなりボツにしてしまった。こうなるといつまでここで働いていたものかどうか確信がもてない。

上司(じょうし)(わたし)提案(ていあん)した企画(きかく)をいきなりボツにしてしまった。こうなるといつまでここで(はたら)いていたものかどうか確信(かくしん)がもてない。
After the hatchet job my boss did on my proposal, I'm not sure how long I want to keep on working here.
Sentence

成功の秘けつは、相手の観点を理解し、自分の立場からだけでなく相手の立場からも、ものごとを見ることができることにある。

成功(せいこう)()けつは、相手(あいて)観点(かんてん)理解(りかい)し、自分(じぶん)立場(たちば)からだけでなく相手(あいて)立場(たちば)からも、ものごとを()ることができることにある。
The secret of success lies in the ability to get the other person's point of view and see things from his angle as well as from your own.
Sentence

第二が周辺環境との親和性であり、最小の廃棄物、自然エネルギーの利用等、周辺の生態と調和した住空間を形成することである。

(だい)()周辺(しゅうへん)環境(かんきょう)との親和性(しんわせい)であり、最小(さいしょう)廃棄物(はいきぶつ)自然(しぜん)エネルギーの利用等(りようとう)周辺(しゅうへん)生態(せいたい)調和(ちょうわ)した(じゅう)空間(くうかん)形成(けいせい)することである。
The second is the affinity with environment. By utilizing natural energy and reducing wastes, we have to make houses which harmonize with ecology.
Sentence

木材はアフリカの大半において消えゆく資源であり、これらのストーブは現在使われているものよりずっと木材の消費量が少ない。

木材(もくざい)はアフリカの大半(たいはん)において()えゆく資源(しげん)であり、これらのストーブは現在(げんざい)使(つか)われているものよりずっと木材(もくざい)消費量(しょうひりょう)(すく)ない。
Wood is a disappearing resource in much of Africa, and these stoves burn far less wood than the stoves currently in much use.
Sentence

中世のイングランドでは、町という町のすべてが、ときには一度に500人もの選手が、特定の休日にフットボールをしていたのです。

中世(ちゅうせい)のイングランドでは、(まち)という(まち)のすべてが、ときには(いち)()に500(にん)もの選手(せんしゅ)が、特定(とくてい)休日(きゅうじつ)にフットボールをしていたのです。
In England in the Middle Ages, whole towns played football on certain holidays, sometimes with as many as 500 players at one time.
Sentence

『カムイの剣』は、1868年の徳川将軍時代の崩壊と、明治天皇下での日本の復興という変革期を舞台にした、一種の侍/忍者物語だ。

『カムイの(けん)』は、1868(ねん)徳川(とくがわ)将軍(しょうぐん)時代(じだい)崩壊(ほうかい)と、明治天皇下(めいじてんのうか)での日本(にっぽん)復興(ふっこう)という変革期(へんかくき)舞台(ぶたい)にした、一種(いっしゅ)(さむらい)/忍者(にんじゃ)物語(ものがたり)だ。
Kamui no Ken was a sort of samurai/ninja story set during the transition of the fall of the Tokugawa Shogunate and the re-establishment of Japan under the Emperor Meiji in 1868.
Sentence

内科医である父は医学を勉強するようしきりに勧めたが、ホーキングはそれを受け入れず、その代わりに数学と物理学に専念することにした。

内科医(ないかい)である(ちち)医学(いがく)勉強(べんきょう)するようしきりに(すす)めたが、ホーキングはそれを()()れず、その()わりに数学(すうがく)物理学(ぶつりがく)専念(せんねん)することにした。
Rejecting the urging of his physician father to study medicine, Hawking chose instead to concentrate on mathematics and physics.
Sentence

僕はもっとずっと後に、科学哲学を勉強していたとき、実験というのは既存の知識に対する現実の不満から生じるべきものだということを学んだ。

(ぼく)はもっとずっと()に、科学(かがく)哲学(てつがく)勉強(べんきょう)していたとき、実験(じっけん)というのは既存(きそん)知識(ちしき)(たい)する現実(げんじつ)不満(ふまん)から(しょう)じるべきものだということを(まな)んだ。
An experiment, I would learn much later, when studying the philosophy of science, had to arise from a real dissatisfaction with existing knowledge.